看護部長 あいさつ

看護部長 田中奈美

 千秋病院は1984年、「この地に病院を」と願った地域の方の熱い思いとたくさんの協力を得て開院いたしました。1病棟48床から始まった病院は、2013年に6病棟294床にまで拡充し、現在に至っています。開院当時に植えられた桜やけやきの木が大きく育ち、豊かな自然に囲まれています。春には満開の桜、夏は活き活きとした木々の緑、秋にはその葉がきれいに紅葉し、冬には南天の赤い実が健気に色を染め、四季折々の季節感を味わえます。
 私たち看護部は、「その人らしさ ~つながる想い・つんげる看護~」を理念として、日々患者さんと向き合っています。患者さんの趣味、価値観、性格、住まい、職業、家族構成など一人ひとりが歩んできた人生を捉え、「入院中だから…」と諦めてしまっている患者さんの想いを「入院中だけど何とかしよう!」とみんなで協力し、想いを形に結びつけています。「患者さんが」「患者さんにとって」「患者さんのために」と常に患者さんを中心に想いを巡らせることが、その人らしさの看護の実現への第一歩です。これからの人生をより豊かにその人らしく過ごせるよう看護の力で支えていきたいと思っています。
 そのためには、何よりも看護師である私たち一人ひとりが「自分らしく」成長することが大切です。笑顔をたやさないあなたも、ちょっとあわてん坊なあなたも、緊張しがちな私も、元気がとりえな僕も、多様な部署がある千秋病院だからこそあなたらしく看護師として成長していけると思います。時には自信をなくし、看護師に向いているのか不安になることもあると思います。でも、あなたが看護師に相応しいかを本当の意味で評価するのは、親でも自分自身でも先輩看護師でもなく、患者さんです。私たちは、あなたが自分らしく輝き、患者さんから認められる看護師として花開けるようサポートしていきます。

 最後に私が大切にしていることをお伝えします。
 「三つのわ」
 一つ目は「話」
 人と話をすることの大切さです。患者さん、ご家族、患者さんに関わる専門職など、たくさんの人と話をする中で想いをつなぎ、つむぐことを大切にしています。
 二つ目は「輪」
 人とのつながりの大切さです。看護は一人ではできません。患者さんがいるからこそ看護ができます。人と人のつながりにより輪ができることを大切にしています。
 三つめは「和」
 和める場所の大切さです。和める場は心を穏やかにしてくれます。それが相手を気遣える思いにつながり、あなたのまわりが自然と笑顔でみたされていく。そんな場所を大切にしています。
 
 看護の力は無限大です。患者さん、ご家族の笑顔あふれる病院をめざしていきます。

看護部基本方針

Ⅰ、私たちは、患者さんの人権を尊重し患者の立場に立った看護・介護を提供します。
Ⅱ、私たちは、患者さんが満足できる療養環境と、看護・介護サービスを実践し、地域の信頼に応えます。
Ⅲ、私たちは、生き生き働く喜びが感じられる職場づくりを推進します。
Ⅳ、私たちは、専門職として看護・介護の質を高めるために自己研鑽に努めます。
Ⅴ、私たちは、他職種・他施設との連携を密にして、保健医療チームの一員としての役割を果たします。

@M看護師・看護学生(奨学生)募集中!

下のアイコンをクリックしてください

 

~看護部Instagram~

新人教育の様子や奨学生活動、病棟の催しなど 看護部の活動を掲載しています

★お問い合わせ先
TEL  0586-77-0012(代)
携帯  090-3443-6700
メール chiaki-kango@ezweb.ne.jp
担当  丸井(まるい)
看護部企画のお申込・お問い合わせフォームへ

TOP

MENU