千秋病院の理念・概要病院理念、院長あいさつ、病院概要など

病院理念

地域とともに歩むみんなの病院を目指します。

【基本方針】
■私たちは、患者さんの権利を守り患者さんを中心とした医療をめざします。
■私たちは、常に医療の進歩に学び、安全で最良の医療をめざします。
■私たちは、命を大切にし、すべての人が、安心して暮らせるよう、医療・福祉の充実をめざします。
■私たちは、医療と福祉の複合体をめざします。
■医療連携の中で地域一般病院としての役割を担います。 患者の権利

尾張健友会グループ 品質方針

 私たちは、基本的人権が尊重され、患者・利用者、地域住民が安心して暮らせるまちづくりをめざし、福祉の向上、健康の増進をはかるため患者・利用者・社員・友の会員と協同して、いのちと尊厳をまもる保健・医療・介護・福祉の事業をすすめます。そして事業所が健全にこれら事業を実践するため、品質マネジメントシステムを構築・運用し、適切・妥当かつ有効性のある継続的は改善活動を行うものとします。

                     医療法人 尾張健友
                     社会福祉法人 尾張健友福祉会
                     有限会社 尾張健友サービス

院長あいさつ

【院長】北島 勝仁

千秋病院は西尾張地域の人々の「自分達の病院をつくろう」という思いを結集して作られた病院です。1984年小病院からスタートして現在では294床の病院まで発展してきました。
急性期から慢性期まで幅広く地域の人々の要求に対応した医療福祉の複合体として成長してきています。
また、地域の健康な人たちとも共同して社員さん、尾張健康友の会のみなさんといっしょに予防の仕事も進めています。
私達は患者さんを中心に安全、安心、人権尊重、無差別、平等の最良の医療・福祉、非営利共同体をめざしています。

概要

名称

医療法人尾張健友会千秋病院
(愛知民医連加盟)

住所

〒491-0815
愛知県一宮市千秋町塩尻字山王1

病床

294床(一般100床/地域包括ケア50床/特殊疾患療養48床/医療療養48床/回復期リハビリ48床)

標榜科目

内科、外科、整形外科、脳神経外科、眼科、皮膚科、泌尿器科、肛門科、小児科、放射線科、リハビリテーション科、リウマチ科、歯科

看護体制

7:1 一般病棟入院基本料

主な施設

患者食堂(一般病棟1・各療養病棟)、昇降式入浴設備、車椅子入浴設備、理学療法室作業療法室、言語療法室、デイケア室、相談室、屋外リハビリ、歩道、農園、その他

医療機器
・設備

MRI(1.5テスラ)、マルチスライスCT、TVレントゲン、一般X線撮影装置、デジタルマンモグラフィー、血液ガス分析装置、トレッドミル、脳波計、誘発電位検査装置、カラードップラー超音波診断装置、24時間心電計、電子ファイバースコープ(上部・下部消化器、気管支)、気管支ファイバースコープ、関節鏡下手術装置、手術用顕微鏡、腹腔鏡下手術装置、胸腔鏡下手術装置、超音波白内障手術装置、冷凍手術装置、ハンフリー自動視野計、コヒレント眼科用レーザー、YAGレーザー、オートレフラクトメーター、全自動分割分包機、クリーンベンチ、無菌製剤処理施設、無菌手術室、その他

関連施設

医)尾張健友会
  千秋病院デイケアセンター
  千秋病院介護保険サービスセンター
  訪問看護ステーション・ちあき
  千秋病院ヘルパーステーション・ちあき
  一宮市地域包括支援センター・ちあき
  介護老人保健施設ちあき デイケア
  岩倉介護保険サービスセンター・ちあき
  訪問看護ステーション・ちあき岩倉出張所
  地域包括支援センターまちなか(病院施設外)

社)尾張健友福祉会
  高齢者福祉施設ケアハウスちあき
  デイサービスセンター・ちあき
  特別養護老人ホーム・ちあき
  ショートステイ・ちあき
  特別養護老人ホーム・ちあき第二
  ショートステイ・ちあき第二
  藤が丘介護保険サービスセンター
  藤が丘デイサービスセンター
  岩倉小規模多機能ホーム・ちあき
  岩倉デイサービスセンター・ちあき
  萩原小規模多機能ホームちあき
  萩原グループホームちあき

沿革

地域に支えられ地域とともに歩んで・・・

1970年 8月

佐野眼科医院開設(分院から一宮市栄に有床診療所として移転)

1971年

院内保育所ぶんぶん開所(現在のぶんぶん保育室前身)

1978年 12月

「民主的地域医療をすすめる会」発足/会の目的「1.住民の保健・医療要求に奉仕、2.民主的でかつ水準の高い医療の実現、3.これらの実現のために医療機関の設立」

1979年 4月

佐野眼科医院にて内科診察始まる(愛知民医連から支援)

1979年 12月

病院建設用地取得の資金募集運動始まる

1980年 11月

第1回家族健康祭り開催(以後伝統行事に)
病院建設用地現在地にて確保

1981年 5月

「尾張勤労者医療協会」設立/6月に全日本民主医療機関連合会加盟

1981年8月

建設用地にて第1回「平和盆踊り大会」開催(以後伝統行事に)

1984年 9月

「民主的地域医療をすすめる会」を「尾張健康友の会」へ改称

1984年 12月

千秋病院開院/48床にて内科、眼科、小児科、放射線科を標榜

1986年 4月

整形外科開設

1987年 4月

「尾張勤労者医療協会」を改ℚ組し、「医療法人尾張健友会」設立

1989年 4月

外科開設

1989年 9月

第2期増床・増築工事完了(外科系病棟開設 総病床数100床)

1990年 7月

理学療法科標榜、リハビリ部門の活動開始

1992年 4月

皮膚科開設

1995年 1月

阪神淡路大震災発生 被災地支援に職員派遣、物資・カンパ活動に取り組む

1996年 5月

「長期療養型病床群」の増床(48床)

1996年 11月

リウマチ科、リハビリテーション科標榜

1997年 4月

一宮市在宅介護支援センターちあき開設

1998年 4月

第3期増床・増築工事完了/総病床195床、デイケア開設(定員20人)

1998年 9月

言語療法室開設

1999年 4月

「訪問看護ステーション・ちあき」開設、第1回ボランティア学校開催

1999年 6月

ボランティア「虹の会」発足

2000年 4月

介護保険スタート/千秋病院介護保険サービスセンター、千秋病院ヘルパーステーションちあき開設、デイケア・訪問看護ステーションは介護事業に移行

2001年 2月

第4期増床・増築工事完了/介護療養病棟開設(すずらん病棟)・総病床数233床、介護保険事業・在宅支援部門として在宅総合ケアセンター開設 デイケア増設(定員60人)

2001年 5月

肛門科標榜 外来リニューアル

2002年 2月

泌尿器科開設

2002年 7月

社会福祉法人「尾張健友福祉会」設立

2002年 10月

特殊疾患病棟開設(ひまわり病棟)

2002年 11月

回復期リハビリテーション病棟開設(こすもす病棟)

2003年 11月

尾張健友福祉会ケアハウスちあき(定員50人)、デイサービスちあき開設

2004年 1月

歯科開設 厚労省 臨床研修病院に指定

2005年 5月

佐野会長、服部理事長、朝井院長の新体制へ
介護老人保健施設ちあき開設(定員100人)、すずらん病棟医療保険対応病棟に変更

2005年 6月

病床6床増(総病床数239床)

2006年 4月

一宮地域包括支援センターちあき開設

2006年 8月

日本医療機能評価機構「病院機能評価 ver.5」の認定

2006年 10月

一般病棟3人夜勤2交代制に移行

2007年 5月

介護事業・事業部体制に移行

2007年 10月

厚労省 臨床研修病院(管理型)に指定

2008年 12月

愛知労働局「次世代教育支援対策推進企業」(子育てサポート)の認定(くるみんマーク)

2009年 5月

岩倉市に複合施設開設
福祉法人:小規模多機能型居宅介護・通所介護、まちの縁側
医療法人:訪問看護・居宅介護支援
介護老人保健施設ちあき:デイケア開設(定員20人)

2010年 7月

第7期法人中長期計画策定(病院大規模リニューアル、電子カルテ導入等)

2010年 12月

千秋病院無料法律相談開始

2011年 3月

東日本大震災・福島第一原発事故発生 医療支援・物資輸送支援・カンパ活動に取り組む

2011年5月

尾張健友福祉会:地域密着型特別養護老人ホーム・ちあき開設(本体29人、短所入所10人)

2011年 6月

病院機能評価更新 ver.6

2011年 11月

病床5床増床(総病床数244床)

2012年 6月

電子カルテ導入

2012年 11月

新棟(リハビリセンター、手術室、中央滅菌材料室、B2・B3病棟等)竣工

2013年 4月

病院大規模リニューアル工事完了

2013年 5月

A2病棟改修工事完了/総病床数294床

2014年 1月

一宮市地域包括支援センターまちなか開設

2014年 4月

地域包括ケア病棟開設(B3病棟転換)

2014年 6月

佐野眼科医院閉院(44年にわたる歴史に幕)

2014年 9月

広島豪雨災害発生 職員派遣等支援に取り組む

2014年 10月

ISO9001認取得 老健ちあき、在宅強化型老健へ

2015年 2月

「訪問看護ステーションちあき・岩倉出張所」サテライト運用開始
(岩倉訪問看護ステーションちあきを訪問看護ステーションちあきのサテライト化)

2015年 4月

尾張健友福祉会:地域密着型特別養護老人ホーム・ちあき第二開設(本体29人、短期入所10人)

2016年 4月

服部会長、朝井理事長、北島院長に新体制へ

2016年 5月

熊本震災発生 医療支援等に取り組む

2016年 6月

病院機能評価更新

2016年 8月

ISO9001認定更新

TOP

MENU