イベント情報

老健ちあきご利用情報

~認知症カフェへのご参加ありがとうございました~


今年の認知症カフェは、台風の日となりました。(思い起こせば、昨年は雷と大雨の中でした。)朝から、「今日は認知症カフェはありますか?」と多くの方からお問い合わせを頂き、どのくらいの方が来られるだろうかと不安に思いながらも開催。当日は20名の方に来て頂くことができ、にぎやかに開催できました。
 今回は、リハスタッフによる認知症の基礎知識と予防についての学習会&コグニサイズ。交流会は3つのグループに分かれて日頃の思いなどを話し合いました。
印象的だったのは、実際に認知症が始まっているとして参加されたご本人様が日頃の思いを語られたことで、介護者側から見て「なぜそういう行動をするのか」が理解できて、「そういう話が聞きたかった」としきりに納得されていたことです。認知症の人が認知症について自ら語り、周りの理解が深まっていくのはとてもいいことですね。

~いよいよ夏本番!暑さ対策は大丈夫ですか?~

老健ちあきの入所ベットは、今現在、多少余裕がございます。
避暑利用が必要な方がおられましたら、ご連絡ください。
老健ちあき

老健に藤棚が出来ました。

¶☆①

 5月初旬、藤の花が見ごろを迎える頃、老健ちあきのエントランスの藤棚も満開となりました。 もみじ、けやきに入所中の利用者さん、デイケアご利用中の利用者さんで協力し、いろがみを使用し、ひとつひとつ丁寧に手作りしました。 時間を忘れて黙々と集中して作業に取り組まれる方、始めは「難しそうだなぁ」と不安そうに話しながらも、切る作業、折り曲げる作業、貼る作業、   それぞれの得意分野で工程分かれ作業すると「思ったより楽しいなぁ」と笑顔見られ取り組まれる方、中には片手が不自由な方も、作業していくうちに段々とコツを掴み、お上手に作成されておりました。 完成した作品が揃ってくると、エントランスが色鮮やかな景色となり、利用者さんが1階へ来られると、「綺麗だね」「江南の曼陀羅痔の藤棚みたいだ」と感激した様子で皆さん表情良く眺めておられました。 老健に立ち寄った際は是非ご覧になってください。

2018年度の家族会を行いました。

今年も家族交流会を行いました。今年のテーマは「看取り」です。

☆①¶

看取りと言うと言葉だけが独り歩きしてしまいそうで難しいですが、「最期まで自分の意思を尊重して生き抜くために、どのような選択をして行きたいのか」ということを考える機会になればと企画しました。
近頃、病院でチューブに繋がれた延命ではなく、自然に、できるだけ苦痛がなく、穏やかな終末期をと望まれる方も多くおられます。ですが、そのほとんどは、本人様の希望と言うよりも、ご家族様の選択である場合が多いです。
ご自分の意思に沿った生き方を最期まで選択するためには、日頃から自分の価値観や考えを周りの方と話し合っておくことが大切です。そのために、今のうちから何を大事にしていきたいのかを考えてみようと「もしばなカード(ちあきオリジナル)」を使ってゲーム形式で行いました。
参加者の感想としては、「自分の価値観を再確認する場となり、いろいろ考えさせられた」というコメントを頂きました。また、自分が選んだカードをメモして帰り、子供たちに話しておくとおっしゃった方もおられました。
老健ちあきでは、来年度の方針として、利用者本人の希望や価値観が引き出せるような関わりをして行きたいと考えています。本人さんやご家族とよく話し合い、悔いのない看取りができるように支援させて頂きたいと思っております。

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
老健ちあきでは、利用者様の手作りの門松で新年を迎えました。
デイケア・もみじ棟・けやき棟の利用者様の作成した力作です。ご覧ください!

デイケア作成

デイケア作成

けやき棟作成

けやき棟作成

もみじ棟作成

もみじ棟作成

TOP

MENU