メタボリックシンドローム健診メタボリックシンドローム健診の検査項目を掲載しています。

メタボリック・シンドローム健診

メタボリックシンドローム

過食や運動不足といった現代人のかたよった生活習慣によっておこる肥満は、高血糖、高血圧、高脂血症を誘発し、動脈硬化を引き起こします。特にお腹の中に蓄積された内臓脂肪が動脈硬化の危険因子であることが判明しています。
内臓脂肪の増加から引き起こされるこれらの病気の連鎖により、動脈硬化の危険が高まった状態を「メタボリックシンドローム」といいます。
動脈硬化の進行を放置すると、やがて脳や心臓の発作(脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、狭心症など)を引き起こします。

「メタボリックシンドローム健診」ではCT検査により内臓脂肪面積の測定を行い、ウエスト周囲の計測ではわからない“かくれ肥満”の方も、内臓脂肪の蓄積を把握することができます。

検査項目

CT検査

①腹部CT検査
X線により腹部の断面図を撮影し、蓄積された内臓脂肪の面積を測定する。
■料金3,000円(税別)

血液検査

②血液検査
血糖値、中性脂肪、HDLコレステロールなどを測定する。
※結果が出るまでに1週間かかります。
■料金2,000円(税別)

メタボリック検診

メタボリック検診セット
①腹部CT検査、②血液検査に加え、血圧と腹囲(おへそ周り)の測定を行います。
※結果が出るまでに1週間かかります。
■料金4,500円(税別)