医局 各診療科のご紹介 各科医師の診療分野についてご紹介します

診療科・職種の違いを超えてチーム医療に取り組んでいます

科目

紹介

内科

・一般内科診療をベースに、循環器、呼吸器、消化器、神経、糖尿病、認知症など各分野を専門医師が担当します。
・悪性疾患の診断・治療、生活習慣病の予防から治療に対応しています。
・急性期・回復期・療養等の各病棟機能を生かし、患者さんにとって最も適切な医療が提供できるよう努めます。
外来では「禁煙外来」「物忘れ外来」等も開設しています。

外科・肛門科

・肛門(痔疾患)の治療を積極的に行っています。
・がん末期の緩和治療行っております。専門病棟ではないですが、痛みのコントロール(麻薬使用含む)、諸症状の改善を目指しています。
また、乳がん検診を推進しています。

整形外科・リウマチ科

・筋・骨等に関わる外傷・変性疾患・骨粗鬆症・関節リウマチなどの一般診療(外来・入院)を行っています。
・特に高齢者特有の骨粗鬆症・変形性膝関節症・腰部脊柱管狭窄症の保存的治療に取り組んでいます。
・他病院からの手術後・ポスト急性期の患者様のリハビリ入院治療に取り組んでいます。

眼科

・子供から中高年・高齢者まで人の一生を通じて、健全な視機能を維持することをテーマとしてとりくんでいます。
・白内障を中心に手術治療に対応しています。

泌尿器科

・腎臓から膀胱、尿道などの尿路、および精巣、前立腺などの生殖器の腫瘍、炎症、結石などを診断治療しています。
・高齢の患者層が多いことから、脳血管疾患、慢性神経疾患などの尿路管理が重要なテーマとなっています。
・近年増加している前立腺肥大症、前立腺癌、尿路結石などの診断治療にとりくんでいます。

皮膚科

・日常的に見られるかゆみや湿疹、皮膚炎などの鑑別診断・治療に幅広く対応しています。
・皮膚科疾患は、民間療法や市販薬によってかえって悪化させてしまう例が後をたちません。早期に、気軽に専門医による診断を受け、的確な治療を行うことが何より大切です。
・イボ治療などの外来手術も行っています。

リハビリテーション科

・回復期リハビリテーション病棟の専従医により、脳卒中、肺炎後等の廃用性症候群、骨折後等のリハビリテーションの診療を行っています。
・特に嚥下障害を有する患者さんに対し、嚥下造影や嚥下内視鏡を用いた嚥下機能評価を行っています。
・外来では「リハビリ外来」として、退院後フォローアップ、義肢装具の処方等行っています。

歯科

・子供から高齢者まで一般歯科として地域のニーズに応えながら、特に障害者の方、寝たきりの高齢者など困難を抱えた方々の歯科治療に積極的にとりくんでいます。
・全身麻酔下集中歯科治療、入院治療にも対応しています。口腔ケアと「食べること」を大切にしたQOL改善へのとりくみや、NST(栄養サポートチーム)活動にも参加しています。

私たちは「多職種の営み」、「職種の垣根を越えた連携」がチーム医療と考えています。「ここまでが○○の仕事・・・その先は関係ない」ではなく、専門性を尊重しつつオーバ-ラップする部分をお互いにどのように支えあうのかを大切にしています。ここでは、そんな千秋病院を支える部署をご紹介します。