臨床研修医募集2年間の研修ローテートスケジュール

2年間の研修ローテートスケジュール

ローテート期間中も他病院研修医との合同研修会に参加し、自己啓発と交流の機会があります。「東海北陸民医連 卒後教育開発センター」がサポート企画を開催し、総合的な能力の養成を目指します。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科(導入) 内科(救急) 救急 麻酔 外科
施設 千秋病院(内科研修を行いながら救急外来・副当直も経験する) 南生協病院 名南・協立・南生協のいずれか
2年次 外科(整形外科含む) 地域医療 小児科 産婦人科 精神科 選択科目(麻酔科・緩和ケア・外科・整形外科・脳神経外科・泌尿器科・皮膚科・リハ科・耳鼻科・病理科・地域医療・地域保健・救急)
施設 千秋病院 名南診療所・丹生川診療所 一宮市立市民病院 布袋病院・北メンタル 科目による(千秋病院・南生協病院・協立総合ビ病院・名南病院・北病院・きむら胃腸科外科内科・名南ふれあい病院・一宮保健所・老健ちあき)

研修ローテートスケジュール補足事項

ニューメキシコ大学医学部臨床医学准教授Dr.バーネットによるケースカンファレンス(毎年1回開催)

ニューメキシコ大学医学部臨床医学准教授Dr.バーネットによるケースカンファレンス(毎年1回開催)

◆剖検・CPC研修については、千秋病院で研修中、又は南生協病院で研修中に実施します

◆内科研修は、一般病棟(急性期)、地域包括ケア病棟、回復期リハビリ病棟、療養病床、在宅部門(退院患者)の研修を含みます

◆救急研修は、1年目で南生協病院での救急研修を1ヶ月間行ない、また2年間を通じて救外当番・当直研修(救急外来と病棟対応)を千秋病院にて行うことを合わせて救急部門研修とします。
当直は2年間で計40回以上(副直も含め)行います。
当直は週1回、月に計4回以内。1年次は副当直(指導医は待機)、2年次で到達度を判断の上で正当直(指導医はオンコール)としていきます。なお、当直の翌日は半日就労免除となります


◆※1地域医療研修は、2年目で、名古屋市の名南診療所及び岐阜県高山市の丹生川診療所での研修(外来・往診・健診等)を2週間ずつ行ないます

◆外科(整形含む)・精神科・小児科・産婦人科については、「必修科目」として位置づけ実施します

◆外科研修の対象領域は、研修目標に沿って整形外科を含むものとします

◆産婦人科の研修場所は、一宮市民病院または南生協病院のいずれかで実施します

◆精神科の研修場所は、外来研修は北メンタルクリニック、入院研修は布袋病院にて実施します

◆「その他の選択科目」として、地域医療・地域保健・緩和ケア・内科・外科・泌尿器科・眼科・皮膚科・耳鼻科・脳神経外科・病理科・麻酔科・リハビリテーション科を設定しています
研修医の希望を考慮して選択実施します。各科1ヶ月単位を基本としますが、将来志望を考慮し調整します
研修場所は科目により、基幹型病院・協力型病院・協力施設のそれぞれ指導医・上級医の下で実施します