臨床研修医募集研修プログラムの理念・基本方針、目標・特徴

初期研修の理念

『地域とともに歩むみんなの病院をめざします』という病院理念のもと

1.患者・地域住民のニーズに基づいた総合的な臨床能力の獲得を目指します。

2.人権を尊重し、患者中心の医療を実践するために必要な人権意識・倫理観を養います。

3.チーム医療を担う一員として、患者・家族・職員・地域住民と協同し、共に学び成長する姿勢を身につけます。

4.研修医自らが積極的に学び、研修プログラムの改善や病院の医療活動の向上に取り組み、生涯学び続ける姿勢を獲得します。


初期研修の基本方針

1.急性期から慢性期に至るまで、切れ目のない包括的な医療を展開する第一線の地域医療機関において求められる医療活動を幅広く経験します。入院医療の他、外来診療、往診、診療所活動、健診などにも取り組みます。

2.患者から学ぶ姿勢を重視し、単に疾患のみならず、患者の価値観、家族背景、社会状況にも目を向けながら、全人的な医療を行うことを重視します。そのための多職種参加のカンファレンスなども位置づけます。

3.入院医療においては、担当医として患者を受け持ち、診療責任を果たします。その際、指導医・上級医が主治医として指導・助言にあたります。カンファレンスや振り返りを通じて臨床能力の向上を図ります。

4.健康友の会のサポートのもと、地域活動にも積極的に参加し、地域の抱える医療要求を把握し、千秋病院に求められる医療活動について考え、社会保障制度のあり方についても学びます。

5.研修管理委員会及び研修指導委員会のもと、全職種をあげて研修医の教育に取り組みます。臨床研修の社会的意義も踏まえ、研修内容の評価・改善を研修医自らが主体となり、多職種も含めた病院全体の取り組みとします。


研修プログラムの目標

◆地域の第一線医療機関での研修を通して、医師として地域住民に向き合い、他職種とのチーム医療を構築し、急性期から回復期、療養、在宅まで、一貫して患者を診る姿勢を身につける

1) 全ての臨床医に求められる基本的臨床能力の習得
2)プライマリ・ケアの経験と理解
3)患者中心の医療の実践
4)患者・地域住民の生活背景を見据えた対応
5)生涯学習につながる自己学習能力の体得

当プログラムが目指す研修体制

◆担当医制と充実した指導体制
導入研修後、各科病棟に配属されます。担当医として、まず少数の患者様を病棟で受け持ち、研修が開始されます。在籍している研修医2年目、3年目、指導医などが重層的に研修指導をします。2、3年目の研修医は、カルテの書き方や指示の出し方、処置のやり方などを指導し、研修する上で「最も聞きやすい相談相手」になります。
◆研修医を支えるチーム医療の実践
他職種が参加する症例検討会などを通じて、医師と他のスタッフが対等な関係で、また力を合わせて患者様に関わっていくことの大切さを学びます。「研修医を成長させる」視点で、研修の評価も医師だけでなくスタッフも交えて行っています。

千秋病院の初期研修プログラムの特長

■全人的な医療の実践
全人的な医療の実践を目指すため、幅広い分野「外科(整形含む)・精神科・小児科・産婦人科」について「必修科目」として履修します。その中で、生物学的側面や疾患のみにとらわれず、社会面・経済面・心理面などの様々な視点からも捉えて、個々人に合った医療の習得を目指します。

■地域医療・総合的医療に主眼をおいた研修
「その他選択科目」の一つとして「地域保健」を設定し、保健所・老健施設での研修を必修科目に準じて位置づけ、地域医療・総合的医療に主眼をおいています。

■丁寧な指導、柔軟性のある研修
指導医と距離が近く丁寧な指導、柔軟性のある研修を受けることができます。(1学年2名定員)

■研修医の希望を取り入れる研修
研修指導委員会に研修医が参加することで、研修の内容に研修医の希望を取り入れることができます。

■診療科目(分野)に捉われない研修
診療科目(分野)に捉われることなく、たくさんの手技・検査を見ることができます。

■たくさんの研修医、指導医との交流の場
精神科、小児科、産婦人科、救急医療等、近隣の協力病院等で研修をすることができ、たくさんの研修医、指導医と交流することができます。

研修期間

「必修科目」(法定の選択必修科目を含む)計18ヵ月相当
「その他選択科目」計6ヵ月相当
※1ヶ月=4週間(月曜開始~金曜終了、場合により土曜終了)を基本とします

研修病院群

基幹型である千秋病院および都市部の協力型病院
地域の研修協力施設等、計12施設の連携体制にて実施します。
各施設の経験を通して、地域の医療資源の連携協力についても学びます

研修科目

全人的な医療の実践を目指します。
外科(整形含む)・精神科・小児科・産婦人科について、
当プログラムでは「必修科目」として履修します
外科研修では、一般外科ならびに整形外科を含めます。
「その他選択科目」の一つとして「その他選択科目」の一つとして「地域保健」を設定し、保健所・老健施設での研修を行うことが可能である。

導入研修

1年次は、千秋病院での内科研修より開始します
冒頭2ヵ月を導入研修期間とします
各種オリエンテーション、基本的手技・検査手技等の研修、他部門研修等を行ないます
内科病棟で指導医とともに担当患者の受持ちを開始します

病棟研修

指導医とともに担当患者を受け持ちます
千秋病院においては、急性期の基本(頻発)疾患を中心に受け持ちます
また、一般(急性期)病棟、回復期リハビリ病棟、療養病棟での症例を経験します
退院についても、担当医として最善の方法を検討します
在宅・施設入所など幅広く家族及び他職種と協力し検討します

手術研修

麻酔科および外科系研修では、可能な限り多くの手術に参加します
麻酔助手・手術助手を務め、オペ・カンファレンスにも参加します

外来研修

研修科の外来にて、新患患者の診療にあたります。
副科のコンサルトの要領も学びます

在宅医療

千秋病院及び診療所(研修協力施設)にて研修します
訪問診療、訪問看護、訪問リハビリを学びます
地域の医療機関・介護事業所・行政等との連携を学びます

地域予防活動

地域住民による「健康友の会」の行事等に参加し、予防・治療法等の講演を行ないます
地域住民の生活背景やニーズを肌で感じ、医師の役割や医療福祉のあり方を考察します

研修評価

「各科研修評価表」「研修自己評価表」を用いて毎月の振り返りを行ないます
月1回、研修医、各科指導医、研修責任者で研修内容の確認を行います
双方向の議論により到達点や課題を明らかにし、改善に生かします

院外研修・交流

他病院研修医との合同研修会に参加し、自己啓発と交流の機会とします
「東海北陸民医連 卒後教育開発センター」がサポート企画を開催します
【例】
4月 「卒後教育入門コース(研修ガイダンス等)」
5-6月「コミュニケーション技法、ACLS学習会」
9*3月「東海北陸レジデント会(研修会)」
その他、隔月の「研修振り返り会」「行動科学学習会」等

千秋病院 臨床研修病院一覧

●病院群は、基幹型である千秋病院と、尾張地域・名古屋市内の総合病院、近郊の診療所、岐阜県の僻地診療所、保健所・介護施設等の12施設が参加します。各施設の経験を通して、地域の医療資源の連携協力について触れることができます。

施設区分 病院名 所在地 担当する研修分野
基幹型病院 医療法人尾張健友会
千秋病院
(294床)
一宮市 内科、外科(整形外科含む)、救急、
選択(内科・外科・整形外科・眼科・
リハビリテーション科・泌尿器科)
協力型病院 一宮市立市民病院
(584床)
一宮市 小児科、産婦人科
布袋病院
(240床)
江南市 精神科
南医療生活協同組合
総合病院南生協病院
(313床)
名古屋市 救急、外科、産婦人科
選択(外科・整形外科・緩和ケア・泌尿器科・麻酔科
脳神経外科・内科・救急科・病理科)
みなと医療生活協同組合
協立総合病院
(434床)
名古屋市 外科、選択(緩和ケア・皮膚科
泌尿器科・耳鼻咽喉科・救急科・外科・整形外科・内科)
北医療生活協同組合
北病院
(52床)
名古屋市 選択(内科)
医療法人名南会
名南病院
(182床)
名古屋市 外科、選択(外科)
医療法人名南会
名南ふれあい病院
(120床)
名古屋市 リハビリテーション科
協力施設 きむら胃腸科・外科・内科 一宮市 選択(地域医療)
医療法人名南会
名南診療所
名古屋市 地域医療
丹生川診療所 高山市 地域医療
愛知県一宮保健所 一宮市 選択(地域保健)
医療法人尾張健友会
介護老人保健施設ちあき
一宮市 選択(地域保健)
北医療生活協同組合
北メンタルクリニック
名古屋市 精神科